profile森口

森口裕二

繊細ながらも力強い、精巧な画面の中に不思議に物言う妖艶な女性を描く。
浮世絵、昭和、怪奇、耽美、エロス等さまざまな傾向があるが、
作品はどれも日本的なノスタルジックを感じさせる。
近年では、アジアを中心に海外のアートフェアにも出品。

1971年 徳島県生まれ。
1994年 京都精華大学マンガ専攻( 現・マンガ学部) 卒業。
1996年 上京後、個展やグループ展、雑誌の挿絵、装丁画等幅広く活躍。

【個展】

1997年
初個展(徳島県郷土文化会館)

1999年
ワタシの小部屋(ギャラリー80)

2003年
個展(アスタルテ書房)

2004年
森口裕二原画展(大坂ホワイトキューブ)

2005年
密悦日記(ヴァニラ画廊)

2006年
丑寅からの宴(ヴァニラ画廊)

2009年
沈黙(スパンアートギャラリー)

2013年
アンニュイ午後の沈黙(スパンアートギャラリー)

2017年
名もなき花のララバイ(ビリケンギャラリー)

2020年
もののけ奇譚(ギャラリー椿)

2021年
個展「道遠きして日、暮れる」(GalleryMUMON)

他グループ展、アートフェアなど多数参加。

【Art Fair】

2008
上海アートフェア

2009
Brussels Oriental Art Fair
Young Art TAIPEI
Art TAIPEI2009

2010
Art TAIPEI2010

2011
Young Art TAIPEI2010

2012
Art TAIPEI2012

2013
Art TAIPEI2013

2014
Art TAIPEI2014

2016
Art-Central