exhibition

IIICurrent

 

井上裕起 展

salaMandala/202020

会期:11月3日(火)〜11月 28日(土)
   (日曜日・月曜日 休廊)
※諸般の事情により、変更の可能性もございます。

会場以外からのご注文はこちらから

<Go to gallery キャンペーン開催>
※終了いたしました※

井上裕起 氏

Gallery MUMON


の対象投稿のいずれかをリツイート・シェアしていただいた方で
会期中ご来廊のお客様先着20名様に
ステッカーをプレゼントいたします。
スタッフにシェア画面をお見せください。
(ステッカーは会場にて販売もいたします。)

井上裕起 略歴

井上裕起はサラマンダー(山椒魚)をモチーフにした立体作品を中心に、「進化」をコンセプトに作品を制作している現代美術家です。
近年は玩具やプラモデルを作品の一部に取り込み、そのCUTEでPOPなフォルムに哀愁や皮肉、風刺などを織り交ぜながら、現代を生きる者の視点から社会現象や歴史問題へ焦点を当て鑑賞者の再認識を促します。

「ここのところ、もちろんコロナウィルスもその一つではありますが、それ以外にも個人的に身の回りで様々な出来事が起こりました。
これまで制作を続けて来た中で、あまり過去を振り返る事もありませんでしたが、くしくも2020年、今回の個展で20回目というこのタイミングで、作品に込めたテーマの中に、少し個人的な記憶を反映し、アイデンティティを探ってみるのも良いかなと思いました。昨年開催した個展では、本質とは何かという風刺から玩具と組み合わせた作品を発表しましたが、戦争をモチーフにしている物に特化したため、本展ではその際には実制作に至らなかった食玩と組み合わせた作品を展観します。オマケはどっち?と子供の頃に感じた素朴な疑問から発したアイデアですが、現在の自分を形成しているいくつかの経験や思考を、108という煩悩の数になぞらえて制作しました。」(井上)

この度は作家の20回目の個展となる節目の展覧会です。
本展では作家が個人的な記憶を辿り、現在の自身を形成しているいくつかの経験や思考、アイデンティティをもとに作品に表現します。また、自身の作品制作の手法に関わる、美術における「オリジナル」「複製」「マルチプル」といった概念の境界への問いを含みます。この機会に是非、ご高覧ください。

salamander[108] ※展示イメージ
鯢百態[平等之図]※画像は一例を抜粋

IIIUp Coming

「天明屋 尚 × 上田 風子」
 二人展

会期:12月3日(木)〜12月 28日(土)
   (日曜日・月曜日 休廊)
※諸般の事情により、変更の可能性もございます。

天明屋 尚 略歴

上田 風子 略歴

天明屋尚は、日本伝統絵画の各流派のスピリットと世界観を現代に継承、発展させた独自の絵画表現を「ネオ日本画」と宣言。また、華美(過美)で覇格(破格)であり、日本のモダニズムに対するストリートの視線からの下克上、武人気質の美の系譜を「BASARA」と総称した独自のコンセプトにより作品を制作しています。常識や慣習を打破し、発展的に改変したテーマや、歴史や美術に対する制度に批評的なコンセプトで重層的に描いてきました。本展では、武士が絡み合い闘う合戦図を中心に全て新作で発表いたします。

 一方、上田風子は、少女が体験する現実と幻想の入り混じる白昼夢のような情景を独特な色使い・配色で描き、 独自の世界観を確立しました。その世界観は多くの作家に影響を与えています。イメージの氾濫に翻弄され、どこにもない場所へ接近できる喜びがあると、私的な感情で描かれる作品は、反面、物質・情報が飽和した近・現代に 生きる同時代の人々に、その現実の鏡として共感を生みます。作品には、時に美術史、芸術史から参照されたモ チーフや、美を求めて人工的に改良された金魚、菊などが描かれ、歴史性やアイロニー、批評を交えます。上田は新作と合わせて日本未発表の旧作を発表いたします。

本展は、勇猛な男性像を描く天明屋と、幻想的な女性像を描く上田の真逆とも言える共演。この空間で何が生まれるのか、是非ご高覧ください。

Tenmyouya Hisashi
「武将合戦之図(部分)」
Ueda Fuco
「幽明」