artists_koike

IIIARTISTS

小池正典

Koike Masanori

web site

毎日見る空の色、家やビルなどの建造物からインスピレーションを得て、常に変化し移ろいゆく時間、風景を立体にとどめるように表現する作品を、作家は「風景画 立体造形」と呼びます。万物に魂が宿るという日本古来のアニミズム信仰に惹かれ、作品が意思を持つことを願い制作しています。

荒涼に咲く
290×60×60mm
/ 陶土、顔料、鉄、木 /2020

萌え立つ
400×150×150mm
/ 陶土、顔料、鉄、木 /2021

積みって上がっていく
530×150×140mm
/ 陶土、顔料、鉄、木 /2021

ゆくさき
360×100×200mm
/ 陶土、顔料、鉄、木 /2021

略歴・受賞

1984年
群馬県生まれ

2006年
明星大学造形芸術学部卒業

2009年
佐賀県有田窯業大学校専門課程卒業

【グループ展】

2013年
GEISAI#18 東京都立産業貿易センター
GEISAI#18 ポイントランキング受賞者展 HidariZingaro

2016年
TokyoDesignWeek

2017年
タグボートインディペンデント台北
 SICF18 スパイラルインディペンデント
TOKYO JUNCTION BLOCK HOUSE

2018年
2人展「怪獣たちのいるところ」 タグボートギャラリー

2020年
TAGBOAT×目黒雅叙園百段階段展

2021年
TAGBOATアートフェア

【個展】

2011年
「どうしてここへ そしてどこへ」dining&gallery繭蔵

2013年
「軽くて小さな日々」Oz Zingaro カイカイキキスタジオ ポンコタンカフェ

2015年
「この先のユートピア」NANJOHOUSE

2016年
「音になって宙になって何も見えなくなってしまうまで」NANJOHOUSE

2019年
「明日発掘される未来」Gallery MUMON

【受賞歴】

2013年
GEISAI#18ポイントランキング5位

2016年
TokyoDesignWeek アート部門グランプリ

2017年
タグボートインディペンデント台北 特別審査員賞

2018年
ワンダーシード2018入選

Archive

2021年7月28日~8月17日

2019年5月2日~6月1日