Archive22-04藤田

IIIArchive04

藤田朋一 個展

「 扶桑と混淆」

会期:
2022年4月6日(水)〜4月23日(土)

藤田朋一 略歴

藤田朋一は日本の神社仏閣等の伝統様式から着想を得て、歴史的事象・伝統的建築・現代の工芸技術を融合した作品の制作を通じて伝統と現代性を再構築し提示する彫刻家です。この度は、戦艦「扶桑」の艦橋を基に、そこに伝統的建築物である神社仏閣を組み合わせることで新しい建築様式を試みました。 
『「扶桑」の艦橋は他の戦艦と比べても一際異形で、複雑な山の地形の様にも感じます。そこで艦橋を山の地形に見立てて階層ごとに制作し、ひとつひとつ積み重ねていきました。その作業は、以前、杉の巨木に圧倒されながらひたすら登った長い戸隠神社奥社参道の道中の様で、また完成時には、その奥社に辿り着いた時の様な達成感がありました。そのように艦橋の地形に則して創造した参道や神社仏閣をどうぞご覧ください。』(藤田朋一)