Archive20-06朱華

IIIArchive006

朱華 個展

「白眩 −whiteout −」

会期:6月25日(木)〜7月18日(土)
※諸般の事情により、変更の可能性もございます。

朱華 略歴

朱華は、卓越した透明水彩の技法で画材の特徴であるぼかしや滲みを活かしつつ、細部は緻密に、 夢か現実かあいまいな世界を妖しく、美しく描き出します。現実と虚構の狭間をテーマに、 今回の個展では真っ白に眩むような強い光の中で輪郭や足元を見失うかのように曖昧で不確かな感覚を描きます。
人物画を中心に、儚い幻覚にも感じられる世界を表現した作品を展示いたします。
「ネットやテレビなどを見ていても、溢れかえる情報量に本当に何が正しいのかもわからなくなるような 日々ですが、そんな中で感じる自分自身の不安定さ、不確かさや孤独感など、そんなものが少しでも美しく 表現できていればいいなと思いながら描いております。(朱華)」